uccドリップポッドの価格は?価値は?実際に買ったのでレビューします | 家飲みコーヒーのサードウェーブとして注目されているuccドリップポッド。気になる価格とその価格に見合った価値があるのか徹底レビューします。

ドリップポッドは価格以上の価値がありコスパ◎でした

我が家のドリップポッドです。

時間のない朝に手間をかけずにおいしいコーヒーが飲みたくて、いろいろ調べた結果ドリップポッドDP2を買いました。

安い買い物ではなかったけど、安く買う方法も見つかったおかげで手に入れることができました。

もうかれこれ買ってから4か月になりますが、さぁ価格以上の価値があったのか?

徹底レビュー開始です。

ドリップポッドの定価

まずドリップポッドの定価ですが、

販売元であるUCCのホームページでは19,440円(税込)で販売しています。

UCCホームページ

楽天やAmazonでの価格

UCCドリップポッドは楽天やAmazonでも販売されています。

この記事を執筆時点では楽天・Amazonともに13,000円代で売られていました

ただしこの価格は変動しますので念のため現在の価格を下記リンクより確認しておいてくださいね

楽天での現在の価格を確認する
Amazonでの現在の価格を確認する

レギュラーコーヒー(粉)が使えなくてもいいなら型落ちのドリップポッドDP1という選択もアリ◎

現行の最新機種であるドリップポッドDP2と前商品のDP1の違いは、

展開されているカラーバリエーションと、カプセル以外にもレギュラーコーヒーの粉を使って普通のコーヒーメーカーとしても使える機能があるかどうかだけです。

『ドリップポッド専用のカプセルしか絶対に使わないので、レギュラーコーヒーを淹れる機能は全く使いませんよー』

という場合にはカラーと型落ちである事を気にしないのであれば前商品のDP1という選択も全然アリです。

カラーバリエーション

DP2のカラーバリエーション

DP1のカラーバリエーション

DP1は楽天・Amazonで安売りしてる時があります

UCCの公式サイトではもうDP1の販売はしていなくて、

楽天やAmazonで5,000円程度に安く売りだされている場合があるので上手くいけばドリップポッドを超特価で手に入れることができます。

(ただし私が見た時にはよくわからない店名のショップが販売していましたので、詐欺には十分ご注意の上、自己責任で判断してください。)

楽天でドリップポッドDP1の特価があるか探してみる
AmazonでドリップポッドDP1の特価があるか探してみる

私が最新機種のDP2を楽天やAmazonより安く買った方法

  • どうせ買うならDP1じゃなくて最新機種のDP2がほしい。。。
  • DP2の方が色が綺麗
  • うちは粉からコーヒーを淹れる事も多い
  • 前に買った粉が余ってて捨てるにはもったいない
  • ハンドドリップによる味のムラを完全に無しにして、買ってきた豆ごとの味の違いを正確に味わいたい

という場合にはDP2の1択になりますね。

そんな時、実はDP2を楽天やAmazonよりも安く買う方法があります。

私もこの方法で買いましたし、

さまざまな通販サイトを調べた結果、

この方法がドリップポッドをどこよりも1番安い価格で買う方法で間違いありません。

それがUCC公式通販の定期便「ドリップポッド頒布会(はんぷかい)」です。

ドリップポッド頒布会について詳しい内容はこちらです
(公式サイトに飛びます)

ドリップポッド頒布会とは?

簡単にいうとドリップポッドのマシン本体と専用のカプセルがセットになっている定期便です。

価格は初月が1,980円、2か月目から12か月目までは3,900円、

それ以降は2,900円でドリップポッドDP2のマシン本体が手に入り、

毎月専用のカプセル48個(48杯分)が送られてきます。

マシン本体はすでに入手済みの方のためにドリップポッド頒布会ではカプセルのみのコースもあって、

そちらは初月1,980円、2か月目以降はずっと2,900円で専用カプセル48個が毎月送られてきます

マシン付きコース カプセルのみコース
初月 1,980円 1,980円
2~12か月目 3,900 2,900
13か月以降 2,900円 2,900円

マシンありのコースとマシンなしのコースの差は2か月目~12か月目までの間の価格が1,000円違うだけなので、

実質これがドリップポッドDP2本体のお値段ということになります。

2か月目から12か月目までの11か月間なので、

実質11,000円で最新機種のドリップポッドDP2が手に入る計算になります。

定価19,440円のものが11,000円ですし、楽天やAmazonの価格の13,000円よりも安いですね。

普通、分割だと初期費用がさがって買いやすくなる代わりに最終的に払う金額は高くなるものですが、ドリップポッド頒布会は分割なのに最終的に楽天やAmazonよりも安く買えます。

ちょっと意味わからないですね。笑

まあ、だから私はこれにしたんですけど。笑

あとで説明しますが、専用カプセルもこの定期便が1番安くお得に手に入ります。

ですので型落ちのDP1の特価をさがしてそれは別で手に入れて、

カプセルだけ定期便に申し込むといった使い方も非常に有効です。

私はドリップポッド頒布会のマシン付きコースに申し込んで初期費用を抑えつつ最新機種のDP2を手に入れました。

非常に満足しています。

していますが、残念ながらこのコースが向かない人もいます。

それは「毎日はコーヒーを飲まない人」です。

ドリップポッド頒布会では毎月飽きのこないベーシックな味のコーヒー32杯と、

月替わりで産地や製法にこだわった上位ランクのコーヒー16杯の合計48杯が送られてきます。

ドリップポッドを買えばあまりにも手軽で簡単にコーヒーを淹れられるので今よりもコーヒーを飲む頻度は確実に増えます。

だから今現在コーヒーを毎日1杯以上飲む人なら月に48杯は問題なく消化できるでしょう。

逆に、もともと1日に2杯以上飲む場合や、家族みんなで飲む場合も毎月の定期便に割引価格で上乗せ注文できるので問題ありません。

でも「休みの日だけコーヒーを飲む人」にとっては毎月48杯はさすがに消化できないと思います。

そういう場合はこの定期便はやめておいて、

初期費用は高くなりますが、楽天かAmazonで購入するのが1番お得に買う方法になってきますね。

ドリップポッドカプセルのお値段

ドリップポッドはカプセル式コーヒーマシンなので、1杯淹れるのに専用のカプセルが1つ必要です。

カプセル1つあたりのお値段が1杯あたりのお値段という事になります。

そのカプセルもランク分けがされていて、高いものから順に

  • スペシャルティ
  • プレミアム
  • オーガニック
  • デイリー

というようになっています。

スペシャルティで1番高いのはブルボン・ワトゥというカプセルで、

1杯2,160円します。(※1杯ですよ)

まあこれはこのカプセルだけがバカ高なので、他のスペシャルティだと8杯で1,080円くらいです。

プレミアムだと8杯で596~1296円。

オーガニックだと8杯で699円

デイリーは8杯で544円です。

1杯当たりのお値段だと、

スペシャルティは1杯135円

プレミアムは1杯74.5~162円

オーガニックは87.4円

デイリーは68円となります。

ちなみに上記のドリップポッド頒布会に申し込むと、毎月デイリーが4袋、

月替わりでオーガニックかプレミアムかスペシャルティが2袋の合計6袋送られてきます。

これを普通に購入すれば、、、

デイリーが4袋で2,176円

月替わりコーヒーが2袋で1,192~2,592円

合計6袋で3,368円~4,768円となります。

この内容でドリップポッド頒布会だとカプセル代は月2,900円です。

1杯あたりのお値段になおすと60.4円になります。

気付いちゃったと思いますが、デイリーランクのカプセルは1杯あたり68円です。

なんと上位ランクのコーヒーが2袋も入ってるのに1番安いデイリーを6袋買うよりも安い価格で買うことができます。

これはさすがに定価で買うともったいないですよね。

しかもドリップポッド頒布会の公式サイトを見ればわかりますが、

だいたい年間の2/3ぐらいは定価で合計4,000円を越えるカプセルのラインナップで送られてきます。

ドリップポッド頒布会のカプセルラインナップを確認してみる
(ページの下の方にあります)

それなのにドリップポッド頒布会だとマシン付きが3,900円、カプセルのみだと2,900円です。

私は楽天でのおまとめ購入やAmazon定期便などいろんなサイトを見回り比較しましたが、

平均4,000円以上のカプセルが2,900円で買えるのはドリップポッド頒布会だけでした。

カプセルを買うのもドリップポッド頒布会が1番コスパが高いです。

他のカプセル式コーヒーメーカーとのランニングコストの比較

ここまでずっとドリップポッドの価格の話をしてきたので

「ドリップポッドを買うならドリップポッド頒布会で」

これは間違いないなと思われていると思います。

でもカプセル式のコーヒーメーカーは他にも有名なのがありますよね?

実は私も最初はドリップポッドとネスプレッソで迷ってたんです。

でも調べて比較してみると分かったことも多くて、自分の状況に当てはめると最後はドリップポッドの1択でしたね。

なのでまずはドリップポッド以外のカプセル式コーヒーメーカーで有名なドルチェグストとネスプレッソを、コスト面から比較してみます。

ドルチェグスト

ドルチェグストのカプセルは1箱に16カプセル入っていて、コーヒー系は16杯、ラテ系は1杯にコーヒーカプセルとミルクカプセルの2つを使うので8杯分入っています。

ラテ系はカプセルを2つ使うので1杯あたりのお値段は2倍になりますね。

ラインナップは1箱924円のコーヒー16杯分入りのものから1箱980円でラテ系8杯分入りのものまでさまざまなラインナップがあります。

1杯あたりだと57.8~122.5円となります。

コーヒー以外のカプセルも豊富なのでコーヒーを飲まない家族と一緒に使えるのと、カプセルがコンビニやスーパーなどで売ってるので、ちょっと寄った時に「ついで買い」できるのが大きなメリットです。

ネスプレッソ

ネスプレッソのカプセルは1箱(1本)にカプセル10個入りで、1箱756~864円の価格で販売されています。

1箱10個入りなので1杯あたり75.6~86.4円です。分かりやすいですね。

ネスプレッソにはドルチェグストのようなラテ系のラインナップはありませんのでカプセルは1杯につき1つの使用です。

ラテ系をしようと思うと別売のミルクフォーマーを買うか、ミルクフォーマー付きの上位モデルを買って、牛乳からフォームミルクを作って出来上がったコーヒーに注ぐ形になります。

公式サイトではカプセルを15箱まとめて買うと送料の450円が無料になります。

でも450円のために1万円越えの買い物は、、、ちょっと私にはできません。。。
(15箱同じものを買って途中で飽きたら嫌だし、飲んでない味を冒険したらしたで途中でハマった味があっても先に他のを飲み切らないと次の注文できないので。)

味は本格的なエスプレッソの味がするようです。(私は飲んだことないのでわかりませんが、おいしいという評判は聞きます。)

時々見かけますが、ドルチェグストのようにコンビニやスーパーでカプセルを売ってるところはまだまだ少ないです。

ちなみにネスプレッソにはドリップポッドのような定期便はありません。

リアル店舗での取り扱いがまだまだ少ないにも関わらず、です。

だから基本は公式サイトか、楽天・Amazonでの通販がメインの購入先になります。

それを毎回、自分で、注文です。
(めんどくさ)

そんな手間のかかるネスプレッソをあえて選ぶメリットは、私が思うに味の評判がいいという事と、とにかく高級感があってオシャレという事ではないでしょうか?

家にあったらちょっとカッコいいし、カプセルスタンドと一緒に置いてるだけで絵になりますよね。

家でお店のようなエスプレッソやカフェラテが作れるというのもテンションが上がりますし、友達が呼びたくなりますよね。

このマシンは自分が毎日飲む用というより、友達が来た時にみんなで飲むと盛り上がりそうです。

定期便がないのはそういう狙いがあるのかないのか、そしてカプセル1杯あたりの値段もちょっと高めですね。

結局この2つだと、一般向け、またはバラエティ豊富にコーヒー以外も楽しみたい人はドルチェグスト、

ちょっと高くても本格エスプレッソを楽しみたい人はネスプレッソ、という印象です。

ではドリップポッドも含めてちょっとコストを比較してみます。

ドルチェグスト ドリップポッド通常購入 ドリップポッド頒布会 ネスプレッソ
1箱・袋 16個入 8個入 8個入 10個入
1箱・袋の値段 924~980円 544~1296 483円 756~864円
1杯あたりのコスト 57~122円 68~162円 60円 76~86円

ドリップポッド頒布会の1杯あたりのランニングコストは60円なので、

ドルチェグストよりは高いけど、ネスプレッソよりは安い、というところですね。

ただしこれはドルチェグストの1番安いカプセルと比較して、です。

ドリップポッド頒布会では上位ランクの高いコーヒーも付いて60円なので、コストだけで見ればドルチェグストより上ですが、コストパフォーマンスで考えればドリップポッドの方が上だと言っていいでしょう。

コスト以外の決定的な違い

ドリップポッドと、ドルチェグストとネスプレッソではコスト以外に決定的な違いがあります。

私はこの違いがあるから最終的にドリップポッドに決定しました。

ある意味コストよりも大事な違いです。

それが、抽出方式の違い、です。

ドルチェグストとネスプレッソはエスプレッソ方式なのに対して、

ドリップポッドだけがドリップ方式です。

少し説明しますね。

エスプレッソ方式は極細挽きにした豆を気圧をかけたお湯を使って一気にコーヒーを抽出します。

対してドリップ方式は好みの大きさに挽いた豆にお湯を注いでコーヒーが下から落ちてくるのを待って抽出します。

もちろん出来上がったコーヒーの味も違います。

エスプレッソ方式は一般に豆の雑味が少ない苦くて濃いコーヒーが出来上がります。

ドリップ方式はコーヒー豆本来の味がそのまま出るので豆によって味が全然違います。

味だけで言えば、私はエスプレッソもドリップコーヒーもどちらも好きです。

しかしもう1つ、抽出方式が違うことで家庭で使うなら決定的にドリップポッドじゃないといけない違いがあります。

それが抽出時の音と振動、です。

私がドリップポッドに決めた理由

実は私はドリップポッドを買う前はネスカフェドルチェグストを使っていました。

いや、正確には使ったことがありました。でも、すぐに使わなくなりました。

それはなぜかというと、「うるさい」んです。

抽出方式がポンプで気圧をかけて抽出するエスプレッソ方式なので、とにかく抽出時の音と振動がすごいんです。

特に音より振動がすごいです。

どのくらい振動が凄いのかと言うと、、

マシンに乗せてあるカップが振動で動くので、落ちないように手で支えてました。
キッチンで使うと近くの食器棚の食器がカタカタ鳴り出します。(ホントです。笑)

だから朝早くにコーヒーを飲もうと思ってドルチェグストを使ったら、

違う部屋で寝ている妻が振動で目が覚めてしまうということが何回もありました。

それから使わなくなりました。

これはドルチェグストに限った事ではなく、ネスプレッソもエスプレッソ方式なので同じことが言えます。

むしろネスプレッソの方がポンプの気圧が高いので振動もより強いのかもしれません。

その時から私は、

静かに、手間なく簡単に、おいしいコーヒーが飲めるコーヒーメーカーをずっと探していました。

そうやって見つけたのがドリップポッドでして、ドリップポッドは本当に静かにおいしいコーヒーを淹れてくれます。

ドリップポッドの抽出時の騒音レベルは業界最小音の37dBで、これはささやき声と同じレベルらしいです。

そしてもともとWEBに強いのもあって、

今ではこうやってドリップポッドを紹介するサイトを作っちゃうほどハマっているという訳です。笑

とはいえ、ささやき声と同じと言われてもイメージしにくいでしょうし、

どれだけ静かに淹れられて操作も簡単なのかが伝わりやすいと思ったので動画を撮りました。

ドリップポッドを起動してコーヒーを淹れてカプセルを捨てるまでの動画です。

ドリップポッドがいかに静かで簡単にコーヒーを淹れられるのかわかると思います。

それともう1つ、比較としてとてもいい動画を見つけました。

ドルチェグストがどれだけうるさくて振動がすごいのかわかる動画です。

動画の中盤あたり、この方のドルチェグストも手で支えるまでカップが動いてしまっています。

私の時もこんな感じでした。

実際の音も大きいですが、それよりも振動がすごいのがよくわかる動画です。

もし朝や夜の家族が寝てる時に使うことがあるなら、

ドルチェグストとネスプレッソはやめて絶対にドリップポッドにしておいた方がいいです。

ドリップポッドは非常に静かです。

長くなりましたが、他のマシンとの比較を一言でまとめると、

とにかく安さが大事・コーヒー以外も飲みたいならドルチェグスト
1番オシャレでカッコいいのはネスプレッソ
家族を起こさず(気にせず)コーヒーを淹れたいならドリップポッド

ドリップポッドを1番安く買える「ドリップポッド頒布会」の詳細はこちら

ドリップポッドのカプセルはネット以外でも売ってる?

ドリップポッドカプセルを買うならドリップポッド頒布会が1番お得なので、基本はドリップポッド頒布会のマシン付きコースかカプセルのみコースに加入されるのが1番いいです。

いちいち注文しなくて自動で送ってきてくれますし、毎月違う味がくるので楽しみになります。

ですが、届いた分を使い切ってしまった場合や、急な来客がくることになってコーヒーをお出しするためにカプセルが足りなくなってしまう場合があります。

そんな時に楽天やAmazonでネット注文していたのでは遅いですし、ドリップポッド頒布会の上乗せ注文だともっと遅いです。(来月になります)

ネット注文でもAmazonだと割と早く届くかもしれませんが、「今すぐ欲しい!」という場合には自分で買いに行くしかありません。

ですがドリップポッドはネスカフェドルチェグストのようにコンビニやスーパーでカプセルを取り扱っているところはほぼありません。

そんな時に役立つのがUCCのドリップポッド販売店リスト←リンクです

これを見れば自分の近くでドリップポッドカプセルを売っているリアル店舗が一瞬で分かります。

基本的にはエディオンなどの家電量販店が多いですね。

緊急時はここから探して買いに行くとよいでしょう。

ただし、定価販売なので本当の緊急時以外はネットで買わないともったいないです。

ドリップポッドのコーヒーの味はどのくらいおいしい?

これまでコスパがいいとか、静かで簡単だとかいろいろ書いてきましたが、

ドリップポッドはコーヒーメーカーである以上、出来上がったコーヒーの味が1番大切です。

もちろん味はおいしいんですが、どのくらいおいしいかというとそれを文字で伝えるのは難しいです。

ですが、できるだけ伝わるように私なりの感想を書いていきますね。

で、ドリップポッドのコーヒーの味ですが、私の感覚では街の喫茶店で飲むコーヒーと同じくらいのおいしさかなと思います。

かなり本格的な味がします。

街の喫茶店で、裏でドリップポッド使って淹れたコーヒーを出されても分からないです。

そのくらいのレベルです。

でもやはり専門店で飲むコーヒーにはさすがに劣りますね。

ドリップポッドのカプセルにはコーヒー豆の劣化を防ぐような工夫がされているのですが、

それでも注文ごとにミルで手挽きした豆を熟練の腕でハンドドリップしたコーヒーと比べるとどうしても香りで負けてしまいます。

最近はコンビニのコーヒーもおいしくなりましたね。

コンビニだと特にセブンイレブンのコーヒーがおいしいです。

なぜかというと、大手コンビニ3社のコーヒーだと、ファミリーマートとローソンのコーヒーは薄めたエスプレッソコーヒーなのに対し、

セブンイレブンは唯一のドリップコーヒーだからです。

だからなのか私の友達もみんなセブンイレブンが1番おいしいと言っています。

ドリップコーヒーの方が豆本来の味がでるし、1杯あたりの豆の使用量も多く、抽出にかかる時間も長いです。

だからセブンイレブンのコーヒーは他の2社と比べて儲けは薄いはずです。
(いい豆を使わないと美味しくならないし、豆を使う量も多いため)

それでもドリップ式を採用しているセブンイレブンにはコンビニコーヒーに対する本気がうかがえます。

そんなセブンイレブンのコーヒーですが、ドリップポッドのデイリーランクのスペシャルブレンドというコーヒーがよく似た味をしています。

これはドリップポッド頒布会で毎月送られてくるデイリー2種類のカプセルの内の1つです。

セブンイレブンのコーヒーを飲んだことがある人は多いと思うので、1番安いデイリーランクでもあれくらいの味が楽しめると思ってもらうと分かりやすいかと思います。

ちなみにもう1種類のリッチブレンドはスペシャルブレンドよりももう少し苦みとコクが強い味がします。

これでアイスコーヒーを淹れると最高に美味いんですよ!!

おっと、、、話が逸れてしまいました。汗

長くなりましたがまとめると、

セブンイレブンで1杯100円のコーヒーや街の喫茶店で出てくるようなコーヒーを、

家で好きな時に、家族を起こす心配もせず、1杯60円で飲めるコーヒーメーカーがUCCドリップポッドというマシンですよというお話でした。

余談ですが、最近はコンビニでコーヒーを買うことがほとんどなくなりました。

ドリップポッドを買う前は1日1~2杯ぐらいは飲んでたんですけど、『あとで家で飲むからいいや』と思うようになってからは急に買わなくなりました。

前は1か月にするとコーヒー代だけでも4~5000円は使ってたと思うので、ドリップポッドを買ったおかげで飲む量は増えたのにむしろお金が節約されました。笑

ドリップポッド頒布会を1年継続するとさらに1000円安くなるのでこのまま使い続けたいと思います。


ドリップポッド頒布会の詳細をのぞいてみる